ttl_profile

profile_photo_gusi

幼児期からピアノを習い始め、学生時代には全国制覇の強豪校でマーチングを経験。

2003年、くらしき作陽大学 音楽療法学科に入学。
児童、介護施設での音楽療法を用いて心と音楽の繋がりを学ぶ。

2008年からヨーロッパを代表する世界的なピアニスト、ジェラ・キシュ氏のレッスンを受講。

2013年、〜ミュージック テレム〜セープ音楽教室開校。

2014年、横浜国際アーティスト協会 ヨーロッパスタイル認定講師 (マスター中)

2016年、演奏会「新・パンドラの箱」の企画、主宰、出演をし好評を得る。
現在、後進の指導にあたる傍ら、国内・外で活躍されるピアニストのレッスンを積極的に受講するなど、日々向上に努めている。

triangle

ttl_img

はじめまして。セープ音楽教室代表、具志です。
私の想いはただ一つ、皆さんと一緒に音楽を楽しみたい!共に感動を共有し、分かち合い、一緒に奏でていきたい!という強い想いです。

ピアノの上達には継続が必須になってきますが、私たちは「練習」と聞くと、「やらなければいけないもの」という、どこか強制的にも聞こえてくるような辛いイメージを少なからず持っていることでしょう。
本当にそうなのでしょうか?

仮にもし、練習が楽しいものであれば、弾ける曲がたくさん増え、弾ける喜び、満足感を体中で感じることが出来るので、もっともっとピアノを弾くことを好きになってもらえるはず。「弾きたい!」という気持ちで練習に取り組むことが出来るようになれば、無理に努力して練習をする必要はなくなるのではないでしょうか。

私はピアノが好きで好きで楽しくて仕方がありません。レッスンではまず先に、 誰もが持っている「練習=苦」というという概念を打ち破り、壊していくことから始めたいと思っています。そして音楽を「真剣に楽しむ」これに限ります。矛盾している言葉ではございますが、これは私の言葉です。

これからピアノを習い始めようとお考えの皆さまや、ご興味を持たれた皆さま、機会がございましたら是非一度、体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。
共に音楽を真剣に楽しむことが来る日を心から楽しみに、お待ちいたしております。

ttl_special_lecturer

特別講師の後藤先生は
来沖された時にスペシャルレッスンを
実施してくれます!

mist

elephant

profile_photo_goto

1989年、武蔵野音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業後、同年9月、ハンガリー国立リスト音楽院ピアノ科入学。在学中、ピアノをジュラ・キシュ、アッティラ・ネメティ、ペーター・ナージュの各氏に、室内楽をエステル・ペレーニ、ジュラ・キシュの両氏に師事。

2008年11月、演奏会 ジュラ・キシュフレンズを企画、出演。

2009年、TPIEのディプロマ認定。

2010年~2016年、ヨーロッパを代表する 著名な音楽家との共演を行う傍ら、ピアニストへの育成に力を入れ、講座やマスタークラスを企画するなど、幅広く活動されている。

現在、ジュラ・キシュ国際ピアノコンクール審査員。日本音楽知覚認知学会、正会員。
JADA[日本能力開発分析]協会SBT2級コーチ。
横浜国際アーティスト教育協会、会長。